新車情報、値引き、下取り、買取、中古車に関することなら

スポンサードリンク

人身傷害と搭乗者傷害の違いとは?同時につけるメリット・デメリットとは

自動車保険において、
「人身障害」と「搭乗者障害」の違いが判らないという方がたくさんおられました。
たしかに分かりにくいですよね。
どちらの特約も、
ケガをした場合
死亡したり後遺障害を被った場合
により保険金が支払われる特約です。
同じ様な保険ですが、ちゃんと違いはありますのでご説明を

 


 

人身障害とは
治療費や精神的損害、休業損害など、実際にかかった費用や損害額を、過失割合に関係なく支払われます。
責任割合に関係なく保険金が支払われるので、損害についてほぼ全額補償されます。
(ただし、保険金額の範囲内で)

 

搭乗者障害
死亡又は後遺障害を負った場合、あらかじめ定められた金額を受け取れる
ケガの場合は、実際にかかった金額ではなく、症状によってあらかじめ定められた金額を受け取れる
となっています。

 

簡単に言うと、保険の内容はよく似ていますが、カバーする補償の範囲が少々ちがってきます。
そして、損害の計算方法と、お金の支払われ方が違ってきます

 

では、人身障害と搭乗者障害を一緒に付けるメリットは?
人身障害は、治療後にしか保険金が受け取れませんが、搭乗者障害は治療中でも保険金が受け取れるメリットがあります。

 

当面のお金の心配がある方は搭乗者障害の加入をオススメします。

 

しかしながら、補償の範囲等が似ている特約ですので、正直なところ、
「人身障害」のみ付けていれば、保険料の節約になりますし、きっちりとカバーされているので大丈夫だと思います。

 

補償や保険金支払いを手厚くとお考えのかたは、人身障害と搭乗者障害をセットで付けるといいと思います。

 


 

<自動車のプロが教える車の得する買い方売り方選び方TOPへ>


スポンサー リンク

関連ページ

車両保険・一般車両と車対車+Aの違い
カーディーラーで元トップセールスの管理者が、自動車業界の裏事情や車をお得に買う方法、自動車保険から新車情報まで、ありとあらゆる車の情報を発信していくサイトです。
保険契約は大丈夫?意外と多い納車直後の事故トラブル
カーディーラーで元トップセールスの管理者が、自動車業界の裏事情や車をお得に買う方法、自動車保険から新車情報まで、ありとあらゆる車の情報を発信していくサイトです。
自動車保険の見直しにより劇的に家計の節約効果が表れることも
カーディーラーで元トップセールスの管理者が、自動車業界の裏事情や車をお得に買う方法、自動車保険から新車情報まで、ありとあらゆる車の情報を発信していくサイトです。