新車情報、値引き、下取り、買取、中古車に関することなら

スポンサードリンク

自動車保険をかけるときに、車両保険をどうするか、迷う方おられると思います。
車両保険も、「一般車両」と「車対車+A」などタイプも別れますので、車両保険について今回はご説明します。

 


 

  • 基本編 車両保険について

車両保険というのは、事故をしたときに車が受けた損害を補償してくれる保険です。
車の修理や愛車の盗難、天災などによる水没、地震や噴火、津波など様々な車の被害を補償してくれます。

 

  • 車両保険の種類

車両保険は二種類設定されています。
「一般車両」と
「車対車+A」(各社呼び名が違います。エコノミーやスタンダードなど)
呼び名は違っても内容はほぼ同じです。

 

  • 一般車両保険

こちらはフルカバータイプになります。
車が受けた損害をほぼ補償してくれます。(故意による事故や保険目的以外)
補償範囲が広い分、保険料は高いです。


  • 車対車+A

こちらは一般車両よりも補償範囲が限定されます。
主に車同士の事故に対して支払われる保険になります。
「当て逃げ」や「電柱などへの衝突による単独事故」や「墜落、転覆」など、相手がいない、または不明なときは保険金が支払われません。
もちろん、天災や盗難などは補償されますのでご安心を。
その分保険料はぐっと割安になります。

 

車の運転に自信がなく、車をよくぶつけてしまうような方は「一般車両」を付ける方がいいですが、保険は使う度に等級が下がりますので、保険料はどんどん上がっていきます。

 

基本的に私がいつもお客様に勧めていたのは「車対車+A」でした。
それでも十文に補償はされますし、保険料の観点からも負担が全然変わってきますので。

 

最近はインターネットの普及により、ネット申し込み型の保険であれば随分と保険料も安くなってきています。
車両保険はいざという時のために付けておくことをオススメします。

 


 

<自動車のプロが教える車の得する買い方売り方選び方TOPへ>


スポンサー リンク

関連ページ

人身傷害と搭乗者傷害の違い
カーディーラーで元トップセールスの管理者が、自動車業界の裏事情や車をお得に買う方法、自動車保険から新車情報まで、ありとあらゆる車の情報を発信していくサイトです。
保険契約は大丈夫?意外と多い納車直後の事故トラブル
カーディーラーで元トップセールスの管理者が、自動車業界の裏事情や車をお得に買う方法、自動車保険から新車情報まで、ありとあらゆる車の情報を発信していくサイトです。
自動車保険の見直しにより劇的に家計の節約効果が表れることも
カーディーラーで元トップセールスの管理者が、自動車業界の裏事情や車をお得に買う方法、自動車保険から新車情報まで、ありとあらゆる車の情報を発信していくサイトです。